マンション売却で購入申込書を受け取ったあとの流れ

マンションの売主が買主から購入申込書を受け取ったあとの流れを解説します。

内覧で気に入った人から購入申込書を受け取ったら、そのまま承諾するか、さらに価格交渉をするかの2択です。

条件が折り合わなかったら契約に至らないこともあります。別の購入希望者が現れるのを待ってもいいなら強気の交渉もアリです。

購入申込を受けてからの流れを見ていきましょう。

購入申込書を受け取ってからの流れ

購入希望者から購入申込書を受け取った時点では、まだマンション売却の契約が成立したわけではありません。

実は購入申込書を受け取ったからといって必ず契約への話を進めなければならないわけでもないのです。

マンション売却における購入申込を受けた後の流れを挙げていきます。

購入申込書を受け取る

購入申込書には買主の購入希望価格や契約締結の希望時期などが記載されています。

しかし、あくまでこれは買主の購入の意思を示すものであり、その条件で決定したわけではありません。

(条件交渉)

売主が購入申込書に記載された条件で納得がいかない場合は、不動産会社を介して買主と条件交渉をすることになります。

ここで双方の合意が得られれば、売買契約に進むことになります。

※購入申込書の内容に異論がなければ、交渉のステップはない場合もあります。

売渡承諾書の発行

売主と買主の合意が得られたら、売主は買主に売却する意思を示すために売渡承諾書を作成します。

この時点でもまだ正式な契約ではなく、売主が撤回することも可能です。

売買契約の締結

ここまでの流れで双方の売買の意思が変わらなければ、正式に売買契約を結ぶことになります。

売買契約後のキャンセルは手付金相当のマイナスが発生するので、ここまでの交渉できちんと詰めておきましょう。

売買契約後のキャンセルについてはこちらで解説しています。

購入申込の条件に同意するか否か

購入申込書を受け取ってから実際にマンション売却の契約までたどり着く過程は、買主から提示された条件に同意するか否かで変わってきます。

売主もその条件に同意できればそのまま売渡承諾書を発行し、売買契約の流れになりますから、あまり時間はかかりません。

しかし、条件について買主と交渉する必要がある場合、双方の同意が得られるまで時間が必要です。

条件交渉でどうしても折り合わない場合は、そこで交渉は終了となり、新たな買主を探すことになるでしょう。

特に売却額に関して、買主は値下げを希望することが多いので、売主がどのラインまで値引きできるかが重要です。

また、値下げ交渉を見越して、売却額をあらかじめ高めに設定しておくのもよくある戦略です。

売り出し価格の決め方についてはこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

購入申込書を受け取ってからの流れは、書かれている条件に売主が同意できるか、さらに交渉を行うかで違ってきます。

できるだけ早く売りたいということであれば、ある程度の妥協は必要かもしれません。

しかし、お互いに納得した上での売買契約が重要です。

売買契約後のキャンセルにはリスクがあるので、購入申込書の条件をよく検討して見落としがないようにしましょう。


『購入申込』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!