訪問査定前に準備するものチェックリスト

訪問査定を受ける場合、事前に用意しておかなければいけないものがあります。

また、業者に指定されなくても用意しておいた方が良いものもいろいろとあります。

今回は、それらの訪問査定前に準備するものを見てみましょう。チェックリストとして使ってみてください。

用意しておかなければいけないもの

訪問査定前に必ず用意しておかなければいけないものです。査定を依頼した業者にも用意するように言われるものです。

①間取り図

間取り図とは、マンションの広さや部屋の配置が記されている平面図のことを言います。

無い場合はマンションの販売業者に問い合わせてみましょう。

設計図があると一番良いのですが、戸建てならともかくマンションで設計図を持っているご家庭はまずないと思いますので、間取りが分かるものをとにかく用意してください。

②マンションの管理規約

管理規約は、マンションの規律が記された書類で、入居時に貰っているはずです。

どうしても見つからない場合はマンションの管理組合から新しいものを頂きましょう。

管理規約の内容は新しい入居者も拘束しますので、査定に大きく影響を与えます。

③マンション購入時の売買契約書

マンション購入時に作成した契約書です。

売買契約の内容がどのようになっていたのかを調査するために必要となります。

契約書を捨てることは無いと思いますが、見つからない場合はマンションの販売業者に問い合わせるようにしましょう。

④マンション購入時の重要事項説明書

マンションに住む上での重要事項が記された書面です。

宅建業法により、不動産の売買契約を行う場合は宅建士が重要事項について説明する義務があり、その内容が書かれた書面がこの重要事項説明書となります。購入の際に、一緒に読み上げながら確認したものです。

マンションの利用、管理、そして修繕がどのようになっているのか調査するために必要となってきますので、絶対に用意しておいてください。

⑤登記簿謄本(登記事項証明書)または権利証

マンションの権利関係を調査するために必要になります。

抵当権の有無などで査定額大きくが変わる可能性がありますので重要です。

権利証は、登記済証又は登記識別情報のことです。

⑥固定資産税等の納付書

固定資産税がちゃんと支払われているか確認するために必要です。

滞納などをしていた場合は当然査定額が下がりますので、ご注意を。

用意しておいた方が良いもの・やっておいた方が良いこと

以下のことは査定を依頼した業者からは言われないかもしれませんが、査定前に準備しておいた方が良いものです。ぜひ準備しておきましょう。

①購入時のマンションのパンフレット

マンションのパンフレットには、そのマンションの情報が端的に記されていますので、用意できるのでしたら是非用意しましょう。

こういうものは意外と取ってありますので、探せば出てくる可能性が大きいです。

また間取り図が無い場合は、その代用になる場合もありますので用意しておいて損はありません。

②お客様用のスリッパ

調査員が自分で用意していることも多いですが、来客用のスリッパぐらいは用意しておきましょう。100円ショップなどで売られているもので十分です。

③部屋の掃除と片付け

調査員もプロですから、部屋が散らかっていてもそれが原因で査定が著しく下がることはまずないでしょう。

しかし散らかっていると査定する時間が長くなる恐れがありますから、部屋の掃除や片づけはしておいてください。

何も掃除業者を雇う必要はありません。掃除機をかけて、散らかっている物を定位置に置くだけでもだいぶん違います。

内覧でよく見られるポイントの記事も参考にしてみてください。

内覧前の掃除・準備の重点ポイントはココ!
内覧希望者を迎える前に重点的に掃除しておくべきポイントを解説。内覧ではどこが見られるのかを知っておきましょう。

④不動産業者の下調べ

訪問査定に来る業者がどういう業者なのかを、軽く調べておきましょう。

官公庁のデータベースで過去の行政処分情報をチェックするのが第一です。不動産という高額な取引で不正なことをやっているのは、やはり信用できません。

行政処分情報の調べ方はこちらの記事にまとめています。

不動産屋の行政処分情報を調べてみる
不動産業者に対する行政処分情報の探し方や、業者の見極め方について。法令遵守の姿勢などから判断する方法を書いています。

また、掲示板や口コミサイトで不動産会社の評判が多く発見できると思いますが、真に受けすぎないように気をつけて下さい。ライバル業者の嫌がらせの可能性もありますし、ごく一部のトラブルが大げさに書かれている可能性もあります

あまりに影響を受けやすい自覚があるなら、下調べ自体をやめておく方がいいかもしれません。冷静に情報に接するようにしてください。

口コミ情報との接し方についてはこちらの記事を参考にしてください。

マンション売却に関する不動産屋の口コミを探すポイント・見分けるポイント
インターネット上の情報は鵜呑みにせずに、正しい情報かそうでない情報かを意識して見ていくことが重要です。

まとめ

訪問査定はマンションの持ち主であるあなたの協力無しにはできません。

不都合な点もすべて開示しないと適切な査定につながらないばかりか、売却完了後にトラブルに発展してしまいます。

正しい査定額が算出できないと、適正な売り出し価格を決めることができなくなりますので、必要なものはしっかりと準備して、査定する調査員に協力しましょう。

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『訪問査定』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!