住み替えのマンション売却方法は3パターン

photo credit: 03 via photopin (license)

photo credit: 03 via photopin (license)

今住んでいるマンションを売却して新しい住まいに住み替えることを考える場合、

  1. マンション売却と新居購入を同時に行う
  2. マンション売却をした後で新居を購入する(売り先行)
  3. 先に新居を購入し、後でマンションを売却する(買い先行)

という3つのパターンが考えられます。

今回は1,2,3それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

1.マンション売却と新居購入を同時に行うメリット・デメリット

メリット

このパターンのメリットとしては、マンション関係と新居関係の手続きを同時進行で行いますので、手間を最小限にすることができます。

具体的には書類をそろえるために役所や法務局に行く回数を確実に減らすことができるはずです。

また、引越し回数も1回で済む可能性が高いので、その分節約になります。

デメリット

同時進行でやるということはそれだけ混同するリスクが増えることになりますので、メリットがそのままデメリットとも言えるでしょう。

新居購入が決まっているので、もし売却の決済に問題が生じれば、購入の方もうまくいかなくなる可能性もあります。

買取り保証サービスを利用すればその心配も減りますが、売却価格は安くなってしまいます。

マンション売却で買取り保証を付けるメリット・デメリット
売り出し活動の結果、買主が見つからなかった場合に業者が買取りを実施してくれる買取り保証(売却保証)について説明しています。

また、購入契約の際には、買い替え特約をつけてもらうよう交渉する必要もあります。
買い替え特約について詳しくはこちらの記事で解説しています。

停止条件付きの買い替え特約を使って、先に新居を買う住み替えの流れ
買い替えの契約で利用できる停止条件付き契約の一種、買い替え特約について詳しく説明しています。

2.マンション売却をした後、新居を購入する場合(売り先行)のメリット・デメリット

メリット

このパターンのメリットは、資金繰りに苦労することがないことでしょう。

マンションを先に売却していますので、その売却代金を確実に新居の購入に回すことができます。

また、マンションの売却代金が確定してから新居を探しますので、自分の懐具合に合った新居を探すことができるのです。

デメリット

一方、デメリットとしては、マンションを売却後、新居を購入するまでの間、仮住まいを賃貸する必要があります。

最近は敷金礼金不要の賃貸物件も増えていますが、仮住まいに住むために50万円程度は用意する必要があります。

また、引越しも、マンション → 仮住まい → 新居 と移動するために2回行わなければいけません。

新居購入を控えて、これらは痛い出費となります。

3.新居を購入した後でマンションを売却する(買い先行)メリット・デメリット

メリット

このパターンのメリットとしては、新居が既にあるため、引っ越し先探しに困ることが無いことが挙げられます。

マンション売却前から新居での生活が可能ですので、買主にマンションをスムーズに引き渡せますし、内覧前に掃除や片付けで慌てる必要が無いのが嬉しいですね。

空っぽにして、きれいにしてから売却活動を行えるので、購入希望者にもアピールしやすくなります。

こちらの空き家と居住中を比較した記事も参考にしてみてください。

マンション売却の内覧では居住中と空き家どっちがいい?
売却活動の前に引っ越しを済ませて空き家にすべきか、住んだまま売り出しをするのかについて、メリットとデメリットをまとめました。

引越しも1回で済みます。

デメリット

デメリットとしては、マンション売却する前に新居を購入するため、売却代金を新居購入に回せないことが挙げられます。

マンションの売却代金に頼らず新居を購入できるぐらいに資力があればよいのですが、そういう方はなかなかいないのではないでしょうか。

また、マンション購入時に住宅ローンを利用してその残債がある場合は、マンション売却前に新規の住宅ローンを借りるのも厳しいかもしれません。

あまりおすすめはできませんが、審査が通過できるくらい信用力があれば、2本の住宅ローンを抱える、いわゆるダブルローンも可能です。

ダブルローンを使わないで住み替えをする方法
ダブルローンはリスクが高くオススメできません。その代わりに買い替えローンを使うことをぜひ検討してみてください。住宅ローンが残っていても住み替えができます。

場合によっては、売却完了までの短期間だけ借りるつなぎ融資を検討する必要もあるでしょう。

マンション売却のつなぎ融資を使うケースの注意点
マンション売却における「つなぎ融資」の仕組みと利用する目的、注意点などを説明しています。

まとめ

今回は3つの住み替えパターンについて見てみましたが、どのパターンにも一長一短があり、甲乙つけがたいのが悩みどころです。

この内容を参考にして、どれが自分に合っているか考えてみてください。

  マンション売却には、HOME4Uで一括査定を利用するのがお勧めです。

理由1.街の不動産屋だと何百万円も損する!?

街の不動産屋さんに売却依頼するのは危険です!近所の不動産屋さんはマンション売却が得意じゃありません!

マンションは一生に何度もない高額なもの。ちょっとしたことが大きな損につながります。値下げや宣伝の方法がマズイと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

理由2.HOME4U参加の不動産屋は売却に強い!

HOME4Uにはマンションを売却したい人が集まります。

サービス申し込み後、査定金額や内容をもらって業者を比べます。

つまり、参加業者からすれば、他の不動産屋と提案で勝負して、売却したい人からの依頼を勝ち取らなくてはいけないのです。

だからこそ、売却が得意な会社だけが集まっています。

早く売りたい!」「高く売りたい!」と考えるなら、売却が得意な会社に任せるのが一番です。

理由3.一括査定で相場を知っておくのが売却成功のコツ!

マンションの価格が適正かどうかはカンタンには分かりません。売却が終わってから「もっと高く売れたかも……!?」と後悔する人も多いんです。

一括査定を利用すると、最大6社の査定価格が出て、自分のマンションがいくらで売れるか相場が分かります

あとで後悔しないためにも、マンション売却のスタートは一括査定がオススメです。

HOME4Uマンション一括査定のサービス内容を見る

  東京・神奈川・埼玉・千葉の方はソニー不動産にも査定してもらおう!

ソニー不動産は一括査定では選べない。

ソニーが始めた不動産会社として有名なソニー不動産。独自のメリットがあるので、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のマンションを売却するなら一度査定してほしい会社です!

しかし、HOME4Uの一括査定には参加していないので、個別に申し込みが必要です。

売りたい人のためだけに働いてくれる売却エージェントサービスがスゴい!

ソニー不動産独自のメリットが売却エージェントサービスです。

一般的なマンション売買では、売主と買主をそれぞれ別の不動産会社が担当します。しかし、同じ不動産会社が両方の担当をするケースがあります。

売主と買主から仲介手数料を受け取れるため、できれば他社からは買ってほしくないとまで考えます。

売り手の立場で見ると、値下がり売却期間の長期化につながるので、避けたい状況です。

ソニー不動産の売却エージェントサービスは、このような両方の代理を禁止されていて、売りたい人のためだけに働いてくれます。詳しくは下記のソニー不動産のページで図解されています。分かりやすい動画もあるので一度チェックしてみてください。

ソニー不動産のサービス内容を見る


『住み替え』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!