マンション売却で大損しないための3つのポイント

photo credit: NumberTHREE via photopin (license)

photo credit: NumberTHREE via photopin (license)

マンション売却は取り扱う金額が大きいため、ちょっとした違いで手に入る金額に大きな差が出てしまいます。

少しの知識不足から、中には1000万円以上の大損となってしまうことも。

今回は、マンション売却時に大損しないための3つのポイントをお伝えします。

1.安く買いたたかれる可能性のある両手仲介に注意

売主が不動産業者に売却を依頼する際に気を付けたいことの1つに両手仲介があります。

両手仲介とは3%+6万円+消費税と定められた仲介手数料を買主と売主双方に請求する方法で、これ自体は何の問題もないのですが、この両手仲介を悪用する不動産業者もいます。

売主と買主双方に別々の業者がつく片手仲介の場合、売主側の不動産業者もできるだけ高い売買価格のほうが得られる仲介手数料も多くなります。

しかし、両手仲介の場合には、買主側に仲介業者がつくまえに売ってしまおうと安値で買いたたかれてしまう可能性があります。

例えば、5000万円の物件の場合、片手仲介だと156万円と消費税の仲介手数料ですが、両手仲介だと仮に4000万円で成約しても256万円と消費税の仲介手数料を不動産会社は請求することができます。

あまりに早いタイミングで、大幅な値引き交渉をしてきた場合には注意が必要です。

購入希望者についている仲介業者がどこなのかしっかりチェックしましょう。

両手仲介と片手仲介に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

マンション売却の両手仲介と片手仲介を知っておこう
マンション売却における両手仲介と片手仲介の解説。両手仲介の注意点など。

2.不動産業者の査定価格には要注意

次に気を付けたいこととして、不動産業者にマンションの査定を依頼した時の査定価格があります。

最近ではインターネットでマンションの一括査定ができるなど、複数の業者に簡単に査定を依頼することができます。

マンション所有者は複数の業者の査定を聞いて、実際に売却を依頼する業者を決めます。

売主側としては少しでも高値で売りたいところ。やはり高い査定価格を出してきた不動産業者に依頼することが多いようです。

不動産業者も心得ていて、最初に高い査定額を出して、売却依頼を受けた後、3カ月程かけて売買価格を引き下げていくという方法をとる不動産業者もいます。

3カ月も売れない期間が続くことはそれだけで損ですし、不動産は長い期間広告に残っている物件は売れない物件と思われてしまうという習性もあります。

結果として、想定価格より大幅な値引き価格での成約となってしまうこともあります。

マンションの査定の際には価格だけではなく、実際の広告戦略など説明を聞いて依頼を決めるようにしましょう。

売り出し戦略についてはこちらの記事も参考にしてください。

訪問査定時には依頼した場合の売り出し戦略も要確認!
販売戦略をきちんと持った不動産業者に売却を依頼した方が早く高く売れる可能性が高まります。

また、査定価格の捉え方についてはこちらの記事を参考にしてください。

マンションの売却査定価格はあくまで目安
不動産業者の無料査定で出てくるマンションの査定額は、あくまでこれくらいの価格なら売れそうという「目安」です。販売開始価格や成約価格は査定額とは違うものになります。

3.マンション売却はタイミングを見極めて

マンション売却にはタイミングも大切です。

例えば、新築で購入したマンションの場合、購入してすぐに6割~7割に価値は下がってしまいます。いわゆる新築プレミアムとして、実際の物件の価値に広告宣伝費などが上乗せされているためです。

新築に限らず、購入して年数がたたない内の売却は損が出てしまいやすいです。

適切なタイミングは築10年~15年と言われます。

これには修繕積立金の問題もあります。高層マンションの場合、築15年を超えたあたりから急激に修繕積立金が上昇するケースもあります。

また、1年間のうちいつ売却活動を開始するかも大切です。

マンションが良く動く時期は1月~3月と9月~11月です。良く動いている時期の方が相場より高く売れる可能性が高まります。

売却のタイミングを自分で調整できるなら、ベストのタイミングを見極めて売り出しを開始するのがいいでしょう。

マンションの売り時についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

マンション売却に良い時期は?売り時は?
売却時期の決め方について、良い時期の情報収集方法などを解説。

大規模修繕前の売却についてはこちらの記事を参考にしてください。

大規模修繕をしていないマンション売却の注意点
マンションの大規模修繕工事は、価値を保っていくために必要なことです。売却前にはこれまでの修繕履歴と今後の計画、積立金の額などを確認しておくと買主も安心できるでしょう。

まとめ

マンション売却は相場があるものの、確実なものではなく売主と買主の希望が合致したところが売買価格となります。

マンションを清潔に保つ、床をピカピカに磨くなどちょっとした工夫が大きな差になることもあります。

高値で売りたいのであればやれることは全部やるつもりで、売却活動を行うようにしましょう。


『注意点』のカテゴリーの記事をもっと読みたい方はこちらからどうぞ!